業務改善!Windows PowerShell入門

Windows PowerShellで、とにかく楽をしたい!実際に仕事で楽になった事、便利になった事を紹介しつつ進めていきます。

PowerShell Oracleデータベースを操作しろ!#3

Oracleデータベース操作についての記事、第3弾である。

 

▼第1弾、第2弾の記事はこちら。

PowerShell Oracleデータベースを操作しろ!#1 - 業務改善!Windows PowerShell入門

PowerShell Oracleデータベースを操作しろ!#2 - 業務改善!Windows PowerShell入門

 

第1弾では、「接続、データをぶっこ抜く」ということだけをやった。
第2弾では、「例外(エラー)処理の実装」を追加した。

 

そして、今回はぶっこ抜いたデータに対して、以下を行いたいと思う。

 

・コマンドレットによる二次加工
XMLファイル出力


まずは、参考までに第2弾後のソースである。

 

#アセンブリのロード
Add-Type -AssemblyName System.Data.OracleClient

#////接続文字列の作成////
#Data Source:接続先
#User ID    :ユーザーID
#Password   :パスワード
#Integrated Security:Windowsアカウントの資格情報を認証に使うかどうか
$ConnectionString = "Data Source=orcl;User ID=system;Password=0000;Integrated Security=false;"

#OracleConnectionオブジェクトの作成
$OraCon = New-Object System.Data.OracleClient.OracleConnection($ConnectionString)

#Oracle接続確認
Try{
    $OraCon.Open()
    $OraCon.Close()
}Catch{
    Write-Host "DB接続エラー!" -ForegroundColor Red
    Write-Host $Error[0].Exception.Message
    Break
}

#データセットの作成
$dtSet = New-Object System.Data.DataSet

#データテーブルの作成
$dtSet.Tables.Add("部門")
$dtSet.Tables.Add("従業員")

#SQL文の作成
$strSQL = @()
$strSQL += "SELECT * FROM SCOTT.DEPT"
$strSQL += @"
SELECT
    EMPNO,
    ENAME,
    DEPTNO,
    JOB
FROM
    SCOTT.EMP
WHERE
    DEPTNO IN(10,30)
ORDER BY 
    DEPTNO ASC
"@

#データセットの全テーブルへの処理
$i = 0
ForEach($tb in $dtSet.Tables){
    
    #テーブル名を表示
    Write-Host "▼ $i 番目のテーブル" -ForegroundColor Yellow
    Write-Host $tb.TableName
    
    #OracleDataAdapterクラスのオブジェクト作成
    $data = New-Object System.Data.OracleClient.OracleDataAdapter($strSQL[$i], $OraCon) 
    
    Try{
        #アダプタを通じて、Oracle接続し、SQL実行結果をデータセットのテーブルに格納
        [void]$data.Fill($tb)
        
    }Catch{
        Write-Host "DB接続、またはSQLエラー!" -ForegroundColor Red
        Write-Host $Error[0].Exception.Message
        $i++
        Continue
    }
    
    #テーブルのデータを表示
    $tb | Format-Table -AutoSize    
    $i++
}

 


コマンドレットによる二次加工

今回のデータベース操作では、「非接続型のデータベース接続」で、データをぶっこ抜いている。そして、OracleDataAdapterクラスを使用して、データセットにデータを格納している。

 

よって、このデータはOracle切断後も、何度でも自由にこねくり回すことができるのである。

 

やったゼ!ここで、PowerShellの至宝、パイプライン処理を召喚したい。

  

嗚呼、偉大なるパイプライン処理よ!

 

データセットに格納した部門テーブルをこねくり回してくれ。

 

$dtSet.Tables[0].Rows | Where{$_.DEPTNO -gt 10} | Select DEPTNO | Sort DEPTNO -desc

 

・DEPTNOが10よりデカいやつ
・出力列はDEPTNOだけを選択
・DEPTNOの降順

 

 

f:id:acoustic_groove:20171227215837p:plain

 

▼パイプライン処理についての基礎はこちら。

PowerShell パイプラインを速習しろ! - 業務改善!Windows PowerShell入門

 

XMLファイル出力

コンソールに表示するだけでは、物足りないゼ!
大量のデータだった場合はファイルに出力して色々検証したいからな。


PowerShellは、XMLの扱いがとても得意だ。
データセットのデータテーブルはXMLファイルとして、出力し保存することが可能である。データセットのメンバにはそのためのメソッドがある。

 

▼以下をコンソールで入力してみる。

 

$dtSet = New-Object System.Data.DataSet
$dtSet | gm -type Method

 

f:id:acoustic_groove:20171227220903p:plain

 

▼さらに、以下も入力する。 

 

$dtSet.WriteXML

 f:id:acoustic_groove:20171227221121p:plain

 

gmは、Get-Memberコマンドレットのエイリアス
typeは、MemberTypeパラメータのエイリアス
 主に指定するのは、MethodかPropertyが多い

 

以上より、WriteXmlメソッドのパラメータにファイル名フルパスを指定すれば良い。

 

楽でええのー!!

 

出力保存した後は、Invoke-Itemコマンドレット(エイリアスii)で、ファイルを開いて確認する。

 

#部門テーブルをXML出力
$fileName = "C:\hoge\DB接続\XML\" + $dtSet.Tables[0].TableName + ".xml"
$dtSet.Tables[0].WriteXml($fileName)
#XMLを開く Invoke-Item $fileName

 

f:id:acoustic_groove:20171227222056p:plain

 

 

▼エクセルを使って見てみると、こんな感じだ。

f:id:acoustic_groove:20171227222151p:plain

 

Invoke-Itemコマンドレット
・非常に使い勝手が良いゼ!俺は頻繁に使っているコマンドレットだ。
・パラメータにフォルダパスやファイルパスを指定すると、そいつらを開いて(実行して)くれる。
・ファイルの場合は関連付けプログラムによって、適切に開いて(実行して)くれる。

 

 

XMLについての関連記事はこちら

PowerShell XMLファイルにアクセスしろ! - 業務改善!Windows PowerShell入門

 


 

 

以上をもって、今回でOracleデータベース操作の記事は一旦終了する。

最後に、今回のテーマを加味した、ソースを以下に示すゼ!

Thank You,Yeah!

 

#アセンブリのロード
Add-Type -AssemblyName System.Data.OracleClient

#////接続文字列の作成////
#Data Source:接続先
#User ID    :ユーザーID
#Password   :パスワード
#Integrated Security:Windowsアカウントの資格情報を認証に使うかどうか
$ConnectionString = "Data Source=orcl;User ID=system;Password=0000;Integrated Security=false;"

#OracleConnectionオブジェクトの作成
$OraCon = New-Object System.Data.OracleClient.OracleConnection($ConnectionString)

#Oracle接続確認
Try{
    $OraCon.Open()
    $OraCon.Close()
}Catch{
    Write-Host "DB接続エラー!" -ForegroundColor Red
    Write-Host $Error[0].Exception.Message
    Break
}

#データセットの作成
$dtSet = New-Object System.Data.DataSet

#データテーブルの作成
$dtSet.Tables.Add("部門")
$dtSet.Tables.Add("従業員")

#SQL文の作成
$strSQL = @()
$strSQL += "SELECT * FROM SCOTT.DEPT"
$strSQL += @"
SELECT
    EMPNO,
    ENAME,
    DEPTNO,
    JOB
FROM
    SCOTT.EMP
WHERE
    DEPTNO IN(10,30)
ORDER BY 
    DEPTNO ASC
"@

#データセットの全テーブルへの処理
$i = 0
ForEach($tb in $dtSet.Tables){
    
    #テーブル名を表示
    Write-Host "▼ $i 番目のテーブル" -ForegroundColor Yellow
    Write-Host $tb.TableName
    
    #OracleDataAdapterクラスのオブジェクト作成
    $data = New-Object System.Data.OracleClient.OracleDataAdapter($strSQL[$i], $OraCon) 
    
    Try{
        #アダプタを通じて、Oracle接続し、SQL実行結果をデータセットのテーブルに格納
        [void]$data.Fill($tb)
        
    }Catch{
        Write-Host "DB接続、またはSQLエラー!" -ForegroundColor Red
        Write-Host $Error[0].Exception.Message
        $i++
        Continue
    }
    
    #テーブルのデータを表示
    $tb | Format-Table -AutoSize    
    $i++
}


#コマンドレットによる二次加工
Write-Host "▼部門テーブルをコマンドレットで二次加工" -ForegroundColor Yellow
$dtSet.Tables[0].Rows | Where{$_.DEPTNO -gt 10} | Select DEPTNO | Sort DEPTNO -desc

#部門テーブルをXML出力
$fileName = "C:\hoge\DB接続\XML\" + $dtSet.Tables[0].TableName + ".xml"
$dtSet.Tables[0].WriteXml($fileName)

#XMLを開く
Invoke-Item $fileName

 

 

PowerShell、イエーイ!

 

ロリポップ!なら初心者でも安心!
大人気のWordpress簡単インストールやショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

PowerShell Oracleデータベースを操作しろ!#2

Oracleデータベース操作についての記事、第2弾である。

 

▼前回の記事はこちら。

PowerShell Oracleデータベースを操作しろ!#1 - 業務改善!Windows PowerShell入門

 

今回はOracleデータベース操作における例外処理について触れたい。

第1弾ではとりあえず、「接続、データをぶっこ抜く」ということが主なテーマであった。そのため、最後にまとめたソースも例外(エラー)処理を全くかましていない状態である。

 

よって、今回は第1弾のソースに例外処理をかましていきたい。

 


例外処理とはどんなんや?

例外処理とは、プログラムが異常な動作をする場合にやる処理のことである。

そのため事前にエラーが起きそうな処理を想定して、何らかの処理を仕込んでおくことをすれば良いわけである。

 

今回の例外処理では、Try~Catch~Finallyステートメントを用いた構造化エラー処理を使用する。

 

構文と流れはこうだゼ!

 

Try{
エラーが起きそうな処理
}Catch[エラーの型]{
エラー時にやってあげる処理
}Finally{
エラー有無によらず必ずやる処理
}

 

1.Tryブロックでエラー発生!

2.即座にTryブロックを抜けろ!

3.Catchブロックの処理に行け!

4.Finallyブロックの処理をやって終わり。

※エラーの型、Finallyブロックは省略可能。

 

どこに例外処理をかますんや?!

最低限のことだけを想定すると、例外処理かまさねばならんのは、以下の2点である。

・データベース接続

SQL実行

 

これを踏まえ、第1弾のソースを以下のように改修した。

 

#アセンブリのロード
Add-Type -AssemblyName System.Data.OracleClient

#////接続文字列の作成////
#Data Source:接続先
#User ID    :ユーザーID
#Password   :パスワード
#Integrated Security:Windowsアカウントの資格情報を認証に使うかどうか
$ConnectionString = "Data Source=orcl;User ID=system;Password=0000;Integrated Security=false;"

#OracleConnectionオブジェクトの作成
$OraCon = New-Object System.Data.OracleClient.OracleConnection($ConnectionString)

#Oracle接続確認
Try{
    $OraCon.Open()
    $OraCon.Close()
}Catch{
    Write-Host "DB接続エラー!" -ForegroundColor Red
    $Error[0].Exception.Message
    Break
}

#データセットの作成
$dtSet = New-Object System.Data.DataSet

#データテーブルの作成
$dtSet.Tables.Add("部門")
$dtSet.Tables.Add("従業員")

#SQL文の作成
$strSQL = @()
$strSQL += "SELECT * FROM SCOTT.DEPT"
$strSQL += @"
SELECT EMPNO,ENAME,DEPTNO,JOB FROM
    SCOTT.EMP
WHERE
    DEPTNO IN(10,30)
ORDER BY 
    DEPTNO ASC
"@

#データセットの全テーブルへの処理
$i = 0
ForEach($tb in $dtSet.Tables){
    
    #テーブル名を表示
    Write-Host "▼ $i 番目のテーブル" -ForegroundColor Yellow
    Write-Host $tb.TableName
    
    #OracleDataAdapterクラスを使用して、データの取得
    $data = New-Object System.Data.OracleClient.OracleDataAdapter($strSQL[$i], $OraCon) 
    
    Try{
        #データセットのテーブルに取得データを格納
        [void]$data.Fill($tb)
        
    }Catch{
        Write-Host "DB接続、またはSQLエラー!" -ForegroundColor Red
        $Error[0].Exception.Message
        $i++
        Continue
    }
    
    #テーブルのデータを表示
    $tb | Format-Table    
    $i++
}

 

Oracle接続確認」のときにかます

ソースの前半部分で、Oracle接続確認をしている。

ここにまずは例外処理をかましている。

 

#Oracle接続確認
Try{
    $OraCon.Open()
    $OraCon.Close()
}Catch{
    Write-Host "DB接続エラー!" -ForegroundColor Red
    $Error[0].Exception.Message
    Break
}

流れとしては、Tryブロックで接続成功したら、そのまま一旦接続を解除している。


もし、接続に失敗したら、Catchブロックに飛んでエラーの通知をした後、Breakキーワードを使って、以降の処理を実施しないようにしている。
(※成功時に何故、一旦接続解除をしているかはこの後すぐ説明する。)


さて、今回のOracelデータベース操作で大活躍しているOracleClient名前空間のOracleDataAdapterクラスだが、これは非接続型のデータベース接続方法である。

 

イメージは下図の通りだ。 

 

f:id:acoustic_groove:20171217003458p:plain

 

<非接続型とは>
「データベース接続、データ抽出、データセット保持、データベース接続解除」をまとめてやってくれる。

さて、このタイミングであるが、ソースの後半にあるFillメソッド実行時である。
明示的にOpen、Closeをしなくても良いのである。

楽だ。非常にありがたい!
だが、まとめて処理する前に接続確認だけはしておきたいゼ!
これが、前半に例外処理をかました理由である。

 

<接続型とは>
データベースの接続を確立した後、明示的に切断するまで、接続を維持し続ける。
面倒くさいが自分でOpen、Closeをやらないといけない。

 

 

以下は、まちがった接続文字列でOracleデータベースに接続を試みた場合の例外処理である。

 

f:id:acoustic_groove:20171217004525p:plain

 

「データセットの全テーブルへの処理」のときにかます

ここで例外処理をかます目的は、SQL文が間違っていた場合のフォローが主目的である。 前半で接続確認は一旦とれているので。

 

しかし、此処に来て接続できないことも想定されるので、プロンプトに「DB接続、またはSQLエラー!」と表示をするようにした。

どっちのエラーかはメッセージを見れば一目瞭然だからだ。

 

以下は、Oracleデータベースに存在しないテーブルにSELECT実行しようとした場合の実行結果である。

 

0番目のテーブルで失敗したら、しっかり例外捕捉したあと、Continueキーワードを使って、Try~Catchブロック以降にあるテーブルデータ表示をしない。そして、1番目のテーブル取得をするため次のループ処理をしたのが分かる。

 

f:id:acoustic_groove:20171217004744p:plain

 

$Error[0]について

Catchブロックに仕込んである$Error[0]だが、これが何かを説明しておく。
こいつは自動変数であり、発生したエラー内容が格納されているゼ!
配列になっていて、直近のエラーは要素番号0で取得可能だ。
常に要素番号0に最新のエラーがいらっしゃいます!

 

自動変数$ErrorExceptionにいるMessageというメンバでエラーメッセージが取得できる。

自動変数についてはこれまでの記事で何度も登場しているが、便利このうえない野郎である。

 


次回、第3弾は取得したデータセットのテーブルをファイルに出力する方法や、PowerShellのコマンドレットとの連携によるテーブルの二次加工について触れる予定である。


PowerShell、イエーイ!

ロリポップ!レンタルサーバー!はあなたの「やってみたい!」を応援します!
ロリポップ!なら、ホームページ、ブログ、ネットショップ…
これらが今すぐ、そして簡単にできちゃう!
マニュアルやライブチャットを完備しているので、ホームページ初心者でも安心。
これだけついてるのに月額100円(税抜)~ととってもお得。
もちろん無料のお試し期間も10日間あるので安心ですね。

▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら

PowerShell Oracleデータベースを操作しろ!#1

今回より、全数回にわたってPowerShellによるデータベースの操作についてやってくゼ! 扱うデータベースはOracleだ。

 

Oracle=神託

 

良い名である。俺がPowerShellにハマったのも神のお告げだったのか?!


PowerShellOracleを操作したいゼ!

これまでコマンドラインでのOracleデータベース操作と言えば、Oracle付属ツールであるSQL*Plusをバッチファイルで起動してこねくりまわしていた。だが、、、

 

 

もうええ加減バッチファイルは辞めたいゼ!

 

 

PowerShell.NET Frameworkの膨大なクラスが使える。当然、Oracleデータベースへのアクセス、操作も余裕でできるはずである。

 

・どういう手順と方法でやればええんや?!

.NET Frameworkのクラスを使うにしても、色々と準備等は必要である。

よって、以下の手順と方法でやっていくことをまずは提示しておこう。

1.アセンブリのロード

2.接続用オブジェクトの作成

3.データセット、データテーブルの作成

4.SQL文の作成

5.データの取得~データの参照 

 

1.アセンブリのロード

PowerShellOracleデータベース操作をするために、一番初めにやらないといけないこと。

それは、アセンブリのロードだ。これをやらずして、Oracleデータベースにアクセスすることも操作することもできねぇゼ!

 

アセンブリをロードすることによって、PowerShellセッションで .NET FrameWorkクラスの定義が可能となる。

 

今回ロードするアセンブリは、.NET FrameWorkOracleClient名前空間にあるクラスだ。

 

Add-Typeコマンドレットを使って、以下のように書くだけで、はい終了!

楽に書けて良いもんだ。

 

#アセンブリのロード
Add-Type -AssemblyName System.Data.OracleClient

 

・このアセンブリのロードの後、New-Objectコマンドレットを使って、以降の手順で使用するオブジェクトをいくつかインスタンス化する。
.NET FrameWorkのすばらしき恩恵を受けていくことができる。

 

2.接続用オブジェクトの作成

Oracleデータベース接続には接続文字列を使用する。この接続文字列を使用して、接続用オブジェクトを作成する。

 

接続文字列とはデータベースに関する情報、データベースへの接続に必要な情報が含まれる文字列のことを言う。

 

もう、そのまんまだゼ! この接続文字列を使用して、接続用オブジェクトであるOracleConnectionオブジェクトを作成する。

必要となる情報や、書き方については以下の通りだ。

 

※接続文字列については、拙者のOracle検証用の文字列を記載した。

 

#////接続文字列の作成////
#Data Source:接続先
#User ID    :ユーザーID
#Password   :パスワード
#Integrated Security:Windowsアカウントの資格情報を認証に使うかどうか
$ConnectionString = "Data Source=orcl;User ID=system;Password=0000;Integrated Security=false;"

#OracleConnectionオブジェクトの作成
$OraCon = New-Object System.Data.OracleClient.OracleConnection($ConnectionString)

3.データセット、データテーブルの作成

さて、いよいよOracleデータベースからデータの取得に着手できそうだ。

ここで気になるのが、OracleClientのどのクラスを使って、データを取得するかとういうことだが、OracleDataAdapterクラスを使用する。

(※OracleDataAdapterクラスの使い方は、以降のセクションで説明)

 

なぜ、OracleDataAdapterクラスを選んだか。 それは、以下の点に尽きる。

 

・データセットにデータを格納することができる。
・データセットはクライアントのメモリに展開されるため、Oracleデータベースから切断しても自由に使用ができる。
・自由に使用できるということは、PowerShellで色々こねくりまわす楽しみがある!

 

さあ、このデータセットとはどんな構成をしているのか。

図で示すと以下の通りだ。

 

f:id:acoustic_groove:20171212221838p:plain

 

最上位にDataSetが鎮座し、その手下にDataTableがいる。

DataTableはさらに、レコード(行)であるDataRowをたくさん従え、フィールド(列)であるDataColumnで編成されている。

 

では、大ボスであるデータセットと、その手下のデータテーブルを実際に作成してみたい。

 

ポイントとなるのは、データセットを作成したあと、配下のデータテーブルを追加することである。

必ず使用したいテーブルの数だけ追加することが重要だ。

また、テーブルの名前はもちろん任意に決められる。

 

#データセットの作成
$dtSet = New-Object System.Data.DataSet

#データテーブルの作成
$dtSet.Tables.Add("部門")
$dtSet.Tables.Add("従業員")

 

4.SQL文の作成

OracleデータベースのサンプルであるSCOTTさんの部門テーブル、従業員テーブルに対して、それぞれSELECT実行するSQL文でテストしてみたいと思う。

 

書き方は以下の通りだ。

 

  

#SQL文の作成
$strSQL = @()

$strSQL += "SELECT * FROM SCOTT.DEPT"
$strSQL += @"
SELECT EMPNO,ENAME,DEPTNO,JOB FROM
    SCOTT.EMP
WHERE
    DEPTNO IN(10,30)
ORDER BY 
    DEPTNO ASC
"@

 

 

SQL文用の空の配列を一旦作成して、要素追加していく手法にした。
特筆すべきは、PowerShellヒア文字列(ヒアドキュメント)の恩恵であろう。

・ヒア文字列とは、「@"文字列"@」の形式で記述する文字列のことであり、長文文字列を記すのにとても便利である。
注意点であるが、@"の後、必ず改行して文字列を書くこと。書き終わったら再び、改行して"@でフィニッシュ!

・今回のような基本的なSQL文では、別に使う必要もないが、複雑なSQL文を書く場合、大変に威力を発揮する。
SQL文を作って、そのままペタっと貼れるのだからな。

 

5.データの取得~データの参照

さて、やっとOracleDataAdapterクラスの出番です。

此処まで、○○とは何かをたくさん説明してきたが、あとはロジックだけ。

 

ForEachステートメントを使って、データセットの配下にいる全テーブルに処理をぶっかまして、サクッとキメやがるゼ!

データテーブルは全部で2個あるわけだが、要素番号は0から始まるゼ!

 

ソースは以下の通りだ。

 

 

#データセットの全テーブルへの処理
$i = 0
ForEach($tb in $dtSet.Tables){
    
    #OracleDataAdapterクラスを使用して、データの取得
    $data = New-Object System.Data.OracleClient.OracleDataAdapter($strSQL[$i], $OraCon)

    #Fillメソッドで、データセットのテーブルに取得データを展開
    [void]$data.Fill($tb)
    
    #テーブルのデータを表示
    Write-Host$i 番目のテーブル -ForegroundColor Yellow
    Write-Host $tb.TableName 
    $tb | Format-Table

    $i++
}

 

OracleDataAdapterクラス>
データセットOracleデータベース間でデータを取得するブリッジ。
第1引数:作成したSQL文の配列
第2引数:OracleConnectionオブジェクト

 

<OracleDataAdapterクラス Fillメソッド>
引数であるデータテーブルに、OracleデータベースからSQL実行で取得したデータを格納する。
データテーブルは、$dtSet.Tables[要素番号]で指定する。(※本スクリプトでは、ForEachステートメントにおける$tbがこれに相当する

 

<テーブル名称の取得>
テーブル名称は、$dtSet.Tables[要素番号].TableNameでゲットできるゼ!(※本スクリプトでは、ForEachステートメントにおける$tbがこれに相当する)

 

<データの参照>
$dtSet.Tables[要素番号]でようやく、データお目見えおめでとう!(※本スクリプトでは、ForEachステートメントにおける$tbがこれに相当する)

 

 


 

さて、以上で今回やりたかったことは達成できた。

では、これまで解説してきたソースをすべて以下に示す。

 

PowerShellスクリプト実行するゼ!! 

  

#--------------------------------------
# Oracleデータベースへの接続
#--------------------------------------

#アセンブリのロード
Add-Type -AssemblyName System.Data.OracleClient

#////接続文字列の作成////
#Data Source:接続先
#User ID    :ユーザーID
#Password   :パスワード
#Integrated Security:Windowsアカウントの資格情報を認証に使うかどうか
$ConnectionString = "Data Source=orcl;User ID=system;Password=0000;Integrated Security=false;"

#OracleConnectionオブジェクトの作成
$OraCon = New-Object System.Data.OracleClient.OracleConnection($ConnectionString)

#データセットの作成
$dtSet = New-Object System.Data.DataSet

#データテーブルの作成
$dtSet.Tables.Add("部門")
$dtSet.Tables.Add("従業員")

#SQL文の作成
$strSQL = @()
$strSQL += "SELECT * FROM SCOTT.DEPT"
$strSQL += @"
SELECT EMPNO,ENAME,DEPTNO,JOB FROM
    SCOTT.EMP
WHERE
    DEPTNO IN(10,30)
ORDER BY 
    DEPTNO ASC
"@

#データセットの全テーブルへの処理
$i = 0
ForEach($tb in $dtSet.Tables){
    
    #OracleDataAdapterクラスを使用して、データの取得
    $data = New-Object System.Data.OracleClient.OracleDataAdapter($strSQL[$i], $OraCon)

    #Fillメソッドで、データセットのテーブルに取得データを格納
    [void]$data.Fill($tb)
    
    #テーブルのデータを表示
    Write-Host$i 番目のテーブル -ForegroundColor Yellow
    Write-Host $tb.TableName 
    $tb | Format-Table

    $i++
}

Read-Host "×ボタンで終了"

 

f:id:acoustic_groove:20171212224656p:plain

 

次回はこのソースに手を加え、データベース接続におけるエラーハンドリングについて触れる予定である。

 

PowerShell、イエーイ!

 

PowerShell Oracleデータベースを操作しろ!#2 に続く